トリガーポイント アプローチ

良くある質問に、「鍼とマッサージのどちらを用いた方が効果的か?」というのがある。結論的に言えば、それぞれのアプローチにもう片方にない長所があり、治療対象の硬結.トリガーポイント分布量.分布範囲によるが、両方組み合わせて治療する方が効果的である。表層筋には手技、深層硬結には手技が届かない、患部を鍼アプローチを行います。

このサイトをフォローする!

シンプルでカスタマイズしやすいWordPressテーマ

※この表示はExUnitの Call To Action 機能を使って固定ページに一括で表示しています。投稿タイプ毎や各投稿毎に独自の内容を表示したり、非表示にする事も可能です。

ビジネス向けWordPressテーマ「Johnny」はシンプルでカスタマイズしやすいテーマです。ぜひ一度お試しください。