肩こりのみなさん

肩コリの患者さんには、

頚部の前側の付け根から耳のうしろにかけて走る胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)という太い筋肉にアプローチします。

胸鎖乳突筋にあるこった部分を、人差し指から薬指までの3本で強く押さえる。押さえるのは筋肉の上。特に耳の裏側にある突起した骨(乳様突起・にゅうようとっき)の下のくぼんだ場所を重点的に施術

「胸鎖乳突筋をほぐすと、肩や頚部のこりはもとより、頸動脈にかかる圧も和らげるために脳への血流を上げます。

これが同時に緊張状態を続ける【自律神経】にも働きかける。頚部の緊張やこりが取れることでリラックス効果も高められます。

このサイトをフォローする!

シンプルでカスタマイズしやすいWordPressテーマ

※この表示はExUnitの Call To Action 機能を使って固定ページに一括で表示しています。投稿タイプ毎や各投稿毎に独自の内容を表示したり、非表示にする事も可能です。

ビジネス向けWordPressテーマ「Johnny」はシンプルでカスタマイズしやすいテーマです。ぜひ一度お試しください。